techbeans

Careers

採用情報

Infrastructure Engineer

インフラエンジニア

最終更新日 2022年6月29日

インフラエンジニア

AWSクラウドエンジニア募集(ハイブリッド勤務可/フレックス/副業可能)

Details

職種情報

雇用形態

正社員

応募資格

<主な仕事内容>
■クラウド上でのインフラの構築
■社用AWSアカウントのIAM(アイアム)発行、管理
■開発チームからの設計相談、改善相談
■アプリの開発支援(APIの実装等)
■既存サービスのインフラの設計構築、システム稼働を支える運用設計(主にAWS環境)
■適宜必要に応じコーディング(PHP/Laravelメイン)
                  
<当社の悩み>
■社内インフラの設計について相談をしたいです。既存サービスにおいてクラウドの良さを活かし切れていない現状であり、設計段階からインフラが入る事でアプリで担保していた要件をインフラで実現させ、負担を減らす事が狙いです。
※インフラの業務だけでなくバックエンドやローコード設計、開発まで幅広い業務に適応してくださると嬉しいです。

<必須要件>
■クラウドサービスでのインフラ構築経験(当社は主にAWSを使用しております)

<歓迎要件>
■GCP/Azure等のインフラ構築経験
■クラウドインフラ各資格試験の上位資格保有かつ、オンプレミスの理解・ご経験
■DevOpsを活用したインフラ構築のご経験
■サーバサイド/フロントエンドの開発経験がある方
■iOS, android のモバイルサイト構築・運用のご経験
■仕様書や設計書などのドキュメント作成のご経験

<求める人物像>
■”チームでの開発”に意識を置き、コミュニケーションに対し抵抗が無い方
■受身にならず、主体的に自らの仕事を作り、取り組んでいける方
■構築やクラウドにおける知見・知識を周知する活動に積極的な方(社内勉強会の実施やテックブログでのアウトプット等)
■面白いことをやりたいと願い、それを自分で見つけ作り出すことを志向する方
■プログラミング/エンジニアリングがとにかく好きという方

<共に働くメンバー>
「困ったら相談」というカルチャーがあり、上も下も立場や関係性などは無く、技術の面でもやり方の面でも弊社では常に気軽に相談したり聞いたりする文化があります。
もちろんそれは常にポジティブな雰囲気で、「お互いを助け合う」という基本的な意思の元、そういったメンバーと共にプロジェクトを成功へと導く会社としてのカルチャーがあります。

勤務地

〒160-0022 東京都新宿区新宿2-13-10 エルハイム新宿1102

※ご経験やご希望、ご状況によってはフルリモートや出勤などを相談の上決めるような柔軟な形になっております。
※実際に弊社には、東北や中国地方などに在住しながらフルリモートで勤務している者もおります。

給与

380万~550万円

給与体系:毎月月給支給(翌月25日支払い)

昇給

年2回(査定により昇給となります。)

賞与

年2回(7月/12月)

勤務時間

10:00~19:00

※上記の時間でのコアタイムとなり、基本フレックス制勤務時間になっております。

休日休暇

■完全週休2日制(土・日)
■日本の祝日(カレンダー通りの休み)
■年次有給休暇
■夏季休暇
■年末年始休暇
■慶弔休暇
■ゴールデンウィーク休暇
■育児休暇

福利厚生

【保険】
■各種社会保険完備

【諸手当】
■交通費:全額実費支給
■残業代全額支給(月平均10時間程度)

【福利厚生】
■フレックスタイム制
■フルリモート/出社か選べるハイブリッド勤務可能
■勉強図書支給制度
■副業完全OK

【受動喫煙対策】
■敷地内禁煙

【社内の雰囲気】
若手社員も多く、国籍も多様でフラットで様々な価値観を受け入れることが出来る組織です。
フレックスタイム制、フルリモートワーク、意見の自由発信文化と働きやすい環境整備環境なので、「仕事を自分のペースで進めたい」「プライベートや自身の生活も大事にしたい」と考える人にとっては、ものすごく働きやすい環境です。

その他

【企業理念とホワイト環境の実現】
「エンジニアファースト」これは弊社CEOが、様々は環境を経験し、「もっとエンジニアが働きやすい環境を作りたい」という思いから生まれた理念です。そしてCEO自身も生粋のエンジニアで、経営の傍ら、現在自らも開発を行っています。エンジニアの気持ちが分かり、技術を使用するエンドユーザーの気持ちもわかる。だからこそ、様々な価値観や文化など多様性を感受することで、「エンジニアファースト」が実現できるのです。

「市場価値を高めることのできる環境」
弊社には「型にはめた研修制度」は用意しておりません。それは決して「イコール育成」しない、というわけではありません。エンジニアリングやプログラミングは、人によって得意不得意、学びの領域やスピードも違ってきます。その人と、その時々に合わせて、周囲のエンジニアや、社長自らが勉強会を開いたり個別でケースバイケースで教えてくれたり、有用な知識やツールをシェアしたり、エンジニア同士で教え合ったりします。そして既にその文化が根付いており、全社員が自らの強み弱みを補填し合い、副業完全OKの中で、自らのスキルや知識を経験する事により増やしております。「成長したい」「もっと自分の出来る言語や領域を増やしたい」「市場価値を高めてもっと給料を増やしたい」そう思う人には、すべてが揃った環境だと言えます。